当協会の紹介
サマージャンボ
ハロウィンジャンボ
協会の予算・決算等
貸付事業
琵琶湖総合保全事業
表彰事業
表彰事業について
表彰結果
今までの表彰結果
表彰応募のお知らせ
LINK
サイトマップ
HOME
 

お気に入りに追加

宝くじ公式サイトならいつでもどこでも宝くじが買える!ジャンボ宝くじも買える!

 

表彰結果

第7回「おうみ社会貢献賞」表彰結果

表彰式

被表彰者一覧

団体名 活動内容
特定非営利活動法人
花と観音の里
代表理事 武田 雅博
地域の特色を活かした活動で活性化していきたいと考え観音様について多くの方に知っていただきたいので、活動の一つとして取り組んだ。観音の里の歴史、文化を学び、観音様に関わる知識人や里人の姿を知ることで共に生き、共に歩む事の大切さを伝え、また「観音の里」を地域資源として観光振興・地域振興に活かしていく活動。
おうみこっとん夢つむぎ
代表 澤 とし江
「綿づくり」を通じて、@環境教育・ものづくり教育、A地域振興、B福祉施設の仕事づくりを推進し、「人の輪」を広げる活動を目的として、淡海ネットワークセンターの主催する「おうみ未来塾」の塾生活動から始まりました。主催イベント、イベント出店・出展年数回、体験学習年数回、スタッフ出役延べ約700時間、地元住民協力延べ約120時間の頻度で活動。
大津市ろうあ福祉協会
会長 石野 富志三郎
戦後、人種差別や障害者に対する偏見もひどく、手話やろうあ者に対する理解のない中で、聞こえない仲間が集まって楽しく話せる場が欲しいということがきっかけである。ひとりぼっちのろうあ者をなくし、手話言語はいのちという理念をもってろうあ者の福祉向上を図り、ろうあ者を取り巻く生活等の問題や手話を正しく啓発する活動。
日野の伝統料理を継承する会
代表 外池 よし子
秋の桟敷窓アートや日野ひなまつり紀行の際にお食事処を開設したのが活動の始まったきっかけである。日野町の伝統料理、伝承料理および和食の価値を学び、広め、高めるとともに、地産地消にこだわりながら地域内連携を深め、伝統料理等を次代に継承するため、年間を通じて予約時の伝統料理や毎月のふるさとランチ・ふるさと御膳、イベント時の御膳を提供される活動。
びわ湖エコアイディア倶楽部
理事長 山口 昌彦
2007年に当時の松下ホームアプライアンス社が草津市に集結したのを機に、地元に根ざした企業市民活動を社員有志で開始した。琵琶湖の水質保全と生態系維持を目的に、環境保全活動(「琵琶湖の日」の環境活動)と次世代を担うこども達の育成を図る「こどもエコクラブ」(年間15回)を運営する活動。
(公財)滋賀県市町村振興協会
滋賀県大津市京町4丁目3番28号
厚生会館3F(滋賀県市長会内)
このページのトップへ
 《各ページに掲載の写真・イラスト 及び記事の転載を禁じます》 Microsoft社 InternetExplorer Ver5.0以上を推奨